シェアハウスのUR賃貸

最近、家をシェアして住む、というスタイルが注目されています。

私は以前、カナダでワーキングホリデーの経験がありますが、その時にアジア系の人とシェアで住んでいました。

海外ではとてもポピュラーな居住スタイルです。

それが日本でもにわかに人気になっているのです。

シェアハウスは、それぞれの部屋がありプライベートは持つことができるのでとても効率がよかったですね。

少しくらい家賃が高くても、それを住んでいる人の人数で割るのでとても経済的です。

また、光熱費や食費などもシェアできるのでとてもよかったと思います。

先日、UR賃貸物件をインターネットで探していたら、シェアハウスのUR賃貸があるのを知りました。

シェアハウスのUR賃貸は、最寄駅から近く部屋が広くとても快適そうです。

私がインターネットで候補に挙げていたUR賃貸物件は、駅の近くは家賃が高すぎるので、乗り継ぎが悪い場所でした。

それがシェアして住むならば、かなり通勤に便利な駅の近くに借りることができます。

シェアハウスもいいかもしれないな、と思ってきました。

急に体調が悪くなったりしても、同居人が住んでいれば何かと安心ですからね。

シェアハウスは一緒に住む人全員が契約名義人となり、一定の収入を満たしていることが条件だと書かれています。

関連記事・・>http://www.fudousan.or.jp/keywords/vol08/index02.html